受入企業情報

机上の空論ではなく、起業家としてビジネスをする現場です。本気で仕事をするとは何か?を体で掴むインターンです。
アクトインディ株式会社
2014/12/10 更新
親と子どもの新しい過ごし方の提案!日本の子供が夢を抱き追いかけることが当たり前になる仕掛け、親子のおでかけ情報メディア『いこーよ』の立ち上げ!
皆さんは、親と出かけた思い出・親と一緒に過ごした楽しかった時間の記憶はありますか?下元社長は、幼少期、親と過ごす時間、親と一緒に何かを経験する時間が、子どもの成長にとってとても大事であると考え、日本の子供が夢を抱き追いかけることが当たり前になる仕掛け、『いこーよ』を立ち上げました。月間200万ユーザー超、月1000万PVを超える、日本の子供が夢を抱き追いかけることが当たり前になる仕掛け、『いこーよ』を本当に経営者として立ち上げるリーダー募集!営利企業にして、社会貢献も実現するという新しい働き方・社会への価値提供を間近で体感してみませんか?

募集要項

●ポイント1:求む!新規事業リーダー候補!!社長直属で情報格差問題に挑む新たなネットビジネスを立ち上げろ!

少子高齢化が進む中、葬儀を含め定年後や老後の生活のトータルな充実を考える人は増えています。アクトインディは、葬儀サポートセンターで培ったノウハウを生かし、この少子高齢化問題の解決のための新たな事業に乗り出しています。具体的には次世代を担う子供達の可能性を伸ばすということをミッションにした、「いこーよ」という事業です。
今後は、インターネット×マーケティングを駆使して、様々な分野に切り込んでいく予定です。世の中の情報格差を埋め、全ての人が自分にとってベストな人生を送れるような、そんな社会の実現をともに目指しませんか?

●ポイント2:企業として子育て、葬儀、福祉など社会問題を解決する!=「ビジネス」×「社会貢献」の実現!~

 消費者と供給側の情報格差が大きい業界ほどチャンスが大きい。またそこに存在するビジネスチャンスは、「ビジネス」×「社会貢献」を実現できる可能性が高い。アクトインディの根底に流れる、「ビジネス」×「社会貢献」という理念から生まれる事業は、どれも斬新で共感できるものばかりです。売り上げだけではなく、稼ぐだけでもない事業やサービス。それを考え実現していくのは、普通の事業の何十倍も難しいことです。しかし、その想いを貫き、実現してきたアクトインディだからこそ、クライアントからの信頼も厚く、急成長してきたと言えるでしょう。みなさんも、そんなやりがいのある環境で新規事業を起こしてみませんか?きっとそんな環境下での仕事は、抜群の成長ができるはずです。

●親と子どもの新しい過ごし方の提案!月間200万ユーザー超、月1000万PVを超える、日本の子供が夢を抱き追いかけることが当たり前になる仕掛け『いこーよ』~親子のお出かけ情報メディアのクックパッドを目指す!

皆さんは、親と出かけた思い出・親と一緒に過ごした楽しかった時間の記憶はありますか?ファミレスなどで、家族が一緒にいても、全員がスマホやゲームをやっていて会話がないという風景や、都心の高層マンションに住んでおり、中々、土や自然と触れ合う機会が持てないという親の声を最近、新聞やメディアなどでよく目にします。下元社長は、幼少期、親と過ごす時間、親と何かを経験する時間が、子どもの成長にとってとても大事であると考え、日本の子供が夢を抱き追いかけることが当たり前になる仕掛け、親子のお出かけ情報サイト『いこーよ』を立ち上げました
いこーよは、4歳〜9歳の子供を持つ親向けのおでかけ情報サイトです。2008年よりスタートし、関東・関西を中心に、約2万件のスポットが掲載され、約6千件の口コミを集めています。『親子の「楽しかったね」を増やす』ということをミッションに、親子が素敵な思い出をたくさんつくってほしいと願いを込めて立ち上げました。現在ではファミリー向けおでかけ情報サイトとしては国内最大級のアクセス数・ユーザー数に成長しています。
下元代表は、いこーよを単なるお出かけ情報を提供するサイトではなく、いこーよを通じて、親子のコミュニケーションを促進し、親と子どもが共に過ごす時間を創出、更にその先には、次世代育成を実現していくメディアとして、発展させていくことを見据えています。
いこーよを親子のお出かけ情報メディア版クックパッドに育てていくリーダーを募集します!

●下元敬道という“経営者”

アクトインディのもう一つの魅力。それは、下元敬道氏という経営者にある。それは、過去のインターン生3人がそのまま就職しているということにも現れています。大学時代から起業を目指し、常にチャレンジングでストイックな環境で、社会に価値を出していくことをカタチにしてきた下元社長。そんな社長のもとでのインターンは、きっとあなたを突き抜けさせてくれるはずです。ぜひ、社長にくらいついていってください。
また、下元さんには、企業としての社会貢献のほかに、もう一つ大きな想いがあります。それは、「将来的にアクトインディから多くの優秀な人材を輩出し、アクトインディを卒業した新しい可能性が次々と社会に有意義な価値を生んでいく事」です。そんな想いから、毎週金曜日の朝は、みんなでideaやビジネスプランを持ち寄り、それをブラッシュアップする時間があります。実際に、そのフライデービジネスブラッシュアップモーニングから、新規事業が生まれたこともありました。コミュニケーションフライデーという全社交流会があったり、ビジネスプランが生まれやすい環境や社員の一人一人が働きやすい雰囲気作りに工夫が凝らされています。

▲アクトインディは、年齢に限らず、やる気とビジョンがあればどんどん仕事を任せてくれます。下元さんの口癖は「社員もインターン生も関係ない。」インターン生も自分次第では、どんどん新しい事業の開発を任されています。(一番下のインターン生からのメッセージという欄参照)

▲葬儀サポートセンターのビジネスは、葬儀を考えている人に無料で相談に乗り、アクトインディの厳しい基準を満たした安心の葬儀会社を紹介するというモデルです。葬儀業界は値段が公正に開示されていないため情報格差が非常に激しく、消費者が不利益を被ることが多いと言われています。情報開示・料金格差・ブローカーの横行等、問題が山積みなこの社会問題に対して、真正面から向き合っているのが「葬儀サポートセンター」です

期待する成果 親と子どもの新しい過ごし方の提案をする親子のおでかけ情報サイト「いこーよ」を社長と二人三脚で、立ち上げる!
仕事内容

●いこーよの売り上げアップのための各種マーケティング企画
●新規サービスの企画・開発
●営業

・いこーよの売り上げアップのための各種マーケティング企画
・新規サービス・新規コンテンツの企画・開発
・広告営業
・いこーよファームの運営
・いこーよ事業

その他、上記に関わらず、必要な事すべてに携わって頂きます。

また、関心がある方は、葬儀サポートセンターの事業を担って頂くこともできます。

・葬儀サポートセンター事業
 葬儀社へのコンサルティング
 ご相談者様のサポート業務、相談業務
 葬儀サポートセンターの広報、集客

・ついのすみか事業
 石材店へのコンサルティング
 石材店への営業
 ご相談者様のサポート業務、相談業務
 納骨堂や霊園の広報、集客

得られる経験 ●社会性のある事業を展開しながら、利益を出すという最先端ビジネスの立ち上げる経験
●ITで情報格差を解決するという最先端ビジネスの立ち上げの経験
●本気で仕事をするとはどういうことか?の経験
●人から感謝される仕事とはどんな仕事か?を身をもって実感すること
●自分で仕事を創り出す経験
●企画立案だけでなくそれを実行するところまで、サービスのゼロから1、そして軌道に乗せていくまでの経験
対象となる人 ・ビジネスで成果を出したい人(起業を目指す方歓迎)
・新しい事業やサービスを作っていくことに興味・関心のある人
・アクトインディの理念に共感できる人
・ビジネスを通じて社会問題の解決を行っていく働き方に興味がある人
・少子化・高齢化問題や子育て、葬儀、福祉などの社会問題を解決したいと思っている人
・WEBサービスや、新しいネットビジネスを考えることに関心がある人
事前課題 葬儀サポートセンターの弱点はなんだと考えますか?
また、自分が事業部長なら、それをどう解決しますか?
(まとめ方・形式・分量は自由)
期間 6ヶ月以上
勤務条件 【勤務頻度】
◎休暇中:原則フルタイム
◎学期中:週3-4日(午前勤務や午後から出社なども含めて週30時間以上確保できる方)
【勤務時間】10:00~21:00の中で応相談
勤務地 JR五反田駅 徒歩5分
活動支援金 あり

受入団体紹介

アクトインディは、誇りを持てる仕事しかやりません。

・オリジナルである(真似ではない)
・世の役に立つか?
・楽しい?わくわくするか?
これがアクトインディでビジネスを選択する際の基準。
資本主義の奴隷となり、目標の売上げや利益を達成するために他社のビジネスを真似たり、粉飾したり、弱者をターゲットにして稼いだり、うそを重ねたり・・・レベルが低い。

アクトインディは、誇りを持てる仕事しかやりません。
人の役にたち、感謝され、それに見合った対価(利益)を得るビジネスを考え、ゼロから創りあげていくことが仕事。
インターンであろうと社員であろうと、アルバイトであろうと関係ない。
アクトインディでは、年齢や立場などは関係なく、如何に価値を創造し世に提供できるかを問います。

また、アクトインディの社名は、下記の3つの単語から生まれました。
★act=言うだけ、考えるだけ、ではなく行動を起こす。
★independence=しがらみなく独立した立場で、自由に自社の理念を追求していく。
★individuality=個性を尊重し、従業員が自己実現できる場所であり続ける。

●価値を社会に提供してこそ企業

机上の空論ではなく、実行に移し、その結果を検証し再度トライするのか、撤退するのかを判断する。
その判断基準は、アクトインディとして確立し、しがらみや立場に影響されることなく持ち続ける。
また、社内においても各個人が無意味な制限やストレスによって、挑戦を躊躇することなく、個性を存分に発揮し、且つ認めあえるような場であり続 ける。
それが実現できた時に、本当の意味でお客様に対しても社会に対しても役に立つ組織になれる。
単純に数字上の利益を追及するだけの組織ではなく、社会にとって有意義な活動の中で適正な利益を確保し、それをまた新たな価値提供へとつなげ る。それがアクトインディのあるべき姿だと考えます。
将来的には多くの優秀な人材を輩出し、アクトインディを卒業した新しい可能性が次々と社会に有意義な価値を生んでいく事を描いています。

アクトインディ株式会社
■事業内容:
・インターネットマーケティングコンサルティングSEO/SEM
・情報提供サービス情報提供サイトの企画・運営
・葬儀サポートセンター・霊園
・墓地検索サイトついのすみか
■設立:2003年6月
■代表者:代表取締役/下元敬道
■従業員数:12人
■資本金:-
■売上高:-
■HP:http://www.actindi.com/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

仕事とは何か?本気で仕事をするとは何か?を学ぶ場を提供いたします。

私たちは、仕事とは社会に価値を提供し続ける事だと思っています。自分で価値を生み出し、それを他者に提供し、きちんと対価をもらう。
いただいた対価をまた次に価値を生む為の投資として使う。これが理想のサイクルだと考えています。
このサイクルを継続的に行っていくためには小手先ではなく、本質に向き合い、考え、努力し、様々な困難を乗り越えていかなければなりません。
この体験は、苦しいですが困難を乗り越える度に見えてくる新しいステージはその苦しさを帳消しにし、またチャレンジしたい
と思わせる魅力を持っています。
是非将来を担う若い世代のあなたにその苦しさと乗り越えた時の喜び、ワクワク感を味わって頂きたいと思っています。

●自分の今のチカラを試し、可能性を伸ばせ!

アクトインディでは意味のある仕事、価値のある仕事にこだわって事業を行っています。
現在行っている主な事業としては葬儀サポートセンター、霊園検索サイト「ついのすみか」、子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」の3つのサービスです。

葬儀サポートセンターは、不透明で納得度の低い葬儀業界のサービス改善を加速させ、一人ひとりの葬儀が納得して行える仕組みの構築に向け邁進しています。
日々、ご遺族や心配な方がいる家族から葬儀の相談を受け、丁寧にヒアリングさせて頂きながら、そのご家族にとって最も良いかたちで葬儀ができるよう、葬儀社のご紹介やプランの提案を行います。
紹介する葬儀社は1社1社実際にお会いし、面談し、アンケートでも評価の高い葬儀社のみとし、決してビジネス効率を求めるのではなくご相談者様の満足度をあげることを軸にしたサービスを貫いています。

ついのすみかでは、お墓や納骨堂を探している人に対しての情報提供を行うと共に、新しい霊園や納骨堂の開発も行っています。
ただお墓をつくるのではなく、その地の文化やこれからの時代の供養のかたちをデザインし、故人をしのび、感謝し、良いものを受け継いてゆくための仕組みを本気で考えています。

いこーよでは、親子のふれあいを創出し、絆を深め、親から子へ、子から親へ愛情をキャッチボールさせる機会を少しでも増やしたいという想いで運営しています。
いこーよファームでの野菜作りやクライアント企業とタイアップしての企画作りなど仕事内容は多岐に渡りますが、すべては次世代を担う子供達の可能性を伸ばすという目的に通じているつもりです。
これらの事業のいずれかに本気のスタッフとして加わり徹底的に
考えて実行し、その責任を自分が負うという経験をしてみませんか?
それが自分の将来価値をあげる最も確実な方法だと思います。

代表取締役 /  下元敬道
1976年12月 高知県出身。
2000年03月 青山学院大学経営学部卒業。
2000年04月 商社へ入社。
2000年12月 組織の大きさや歴史による様々なしがらみ、習慣などに納得できず9ヶ月で退社。
2001年01月 インターネット広告代理店へ転職。入社約半年で事業部長に就く。200社以上のインターネットマーケティングに携わる一方、媒体とのリレーション構築にも従事。約2年半の間に事業部長として売上高約10倍の成長を遂げる。
2003年06月 アクトインディ株式会社設立。

■スタッフ/インターンの一言

葬儀ビジネスに興味がなくても、ネットに強くなくても、普通の私でも活躍できる場があります!
元インターン/ 山岡玲子
私はかつて遊び、バイト、授業、サークル…を中心に生活する、どこにでもいる普通の大学生でした。しかし、そんな生活を2年間過ごしたとき、無償に「何かしたい!普通じゃつまらない!」と感じ、インターンに挑戦しました。
アクトインディを選んだのは「社会貢献とビジネスの両立」を志として掲げる下元社長に出会い、「この人のもとで働きたい!ワクワクする!!」と感じたからです。
しかし、私はアクトインディのビジネスの根幹である「葬儀ビジネス」や「ネットマーケティング」に関して全く知識がなかっただけでなく、正直言って興味さえありませんでした。ただ、「インターンをするからには絶対に成長する。成長するために、モチベーション120%で挑み続ける!」ということだけは心に誓って
いました。
その結果、7か月のインターンが終わった頃にはアクトインディの「葬儀ビジネス」に強い誇りを持ち、それをもっと社会に広めるべく、ネットに弱い私が新しいホームページを開設していました。夢中であっという間の7か月間は、これまでの人生で一番濃い時間でした。
しかし、インターンと楽しいことばかりではありません。楽に成長させてもらう場ではないのです。どれだけ自分の未熟さに気付き、向き合い、挑戦し続けられるか。この非常に面倒な作業をさせてもらえるステージがインターンです。
社長との距離が近い会社だからこそ、社長から直接多くを学び、成長できるステージが、ここにはあります。

「本気で自分と向き合える時間。逃げたら負け。本気で自分と向き合った分だけ、成長できると確信しました。」
元インターン/ 松倉寛之
私は、大学2年の9月~3月までの約半年間、アクトインディ株式会社でインターンさせていただきました。なぜアクトインディを選んだかは、下元敬道という経営者に会えば、どんな方にでも分かってもらえるはずです。
私は元々起業家志望ということで、「まずは営業をさせてください!」と、経験もないのに、根拠のない自信を持って営業をスタートしました。その結果、初日から見事にボロボロになり、それから自分で営業に関する本を読んだり、スキルを研究し実践していくことができました。後半の3ヶ月は、立ち上がったばかりの子育て支援のサイトを一気に加速させるべく、自分もプロジェクトの一員として、本気(マジ)になって、より良いサイト作りに邁進しました。半年を通して、何度も何度も何度もうまくいかないことがありました。その様な時に励ましてくれて、相談に乗ってくれ、持ち上げてくれたのは、アクトインディの社員の方々でした。
半年の間に学ばせてもらったことは、・・・自分で発見してみてください。本気で自分と向き合えた半年間でした。今、インターンしてみようと悩んでいるあなた?こんな文章読んでもやったことにはなりません。悩んでいるならやって下さい。それを許されるのが学生時代であり、その場を提供してくれるのがアクトインディです。是非、肌でアクトインディの良さ、仕事のやりがいを味わってみてください。

ETIC.の担当スタッフから一言

■事前に調べておこう
▼下記のサイトは事前にじっくり見ておいて下さい。
その1:アクトインディのHP

その2:アクトインディの下元社長のBLOG。日々更新中!

その3:葬儀サポートセンター事業

その4:自分の身の回りにある、関心のある情報格差について考え、どうやったら解決できるか考えてみて下さい。

本プログラムへの参加に関心がある方は、まずはインターンシップ活用セミナーにご参加ください。

(過去にインターンシップ活用セミナーに参加したことが
ある方は個別キャリアコーチングにご参加ください。)

参加者満足度98%の名物セミナー・インターンシップ活用セミナーの詳細はこちら(参加無料)