受入企業情報

思いっきりワクワクする「起業家の卵」が続々と生まれる文化を、ともに創ろう!
NPO法人ETIC. 「TOKYO STARTUP GATEWAY」
2015/12/17 更新
2年間で延べ1000名以上の「起業家の卵」が集う国内最大級の育成型スタートアップコンテストのコアメンバー募集
東京都主催、NPO法人ETIC.が企画運営を担う「TOKYO STARTUP GATEWAY」は、インターネットから、モノづくり、ソーシャルビジネス、グローバルを見据えた起業など、多様に分野を越えて、東京から世界を変える若き起業家の輩出を目指しています。ポイントは、単なる優秀なプランを競い合うのではなく、いわば、世界を変える「起業家の卵」を育むコンテストであることです。始めは完璧なビジネスプランなどは求めず、400字の想いとアイデアから挑戦が始まるこのプログラムは、その後の5か月間の「ブラッシュアップ・プロセス」でたった400字しかなかった想いとアイデアを様々な機会や場を通じて進化を遂げ、実際の起業までをアクセラレートさせていただく、まさに「まったくのゼロから1」の事業や起業家を多く育んでいくのがこのコンテストの最大の醍醐味です。

募集要項

東京都主催、NPO法人ETIC.が企画運営を担う「TOKYO STARTUP GATEWAY」は、2014年に始まり2年間で延べ1000名以上の「起業家の卵」が集う国内最大級の育成型スタートアップコンテストです。インターネットから、モノづくり、ソーシャルビジネス、グローバルを見据えた起業など、多様に分野を越えて、東京から世界を変える若き起業家の輩出を目指しています。
ポイントは、単なる優秀なプランを競い合うのではなく、いわば、世界を変える「起業家の卵」を育むコンテストであることです。始めは完璧なビジネスプランなどは求めず、400字の想いとアイデアから挑戦が始まるこのプログラムは、その後の5か月間の「ブラッシュアップ・プロセス」でたった400字しかなかった想いとアイデアを様々な機会や場を通じて進化を遂げ、実際の起業までをアクセラレートさせていただく、まさに「まったくのゼロから1」の事業や起業家を多く育んでいくのがこのコンテストの最大の醍醐味です。
 
▼2014年のセミファイナリスト(34人/448人)一覧
http://tokyo-startup.jp/2014/qualifiers
▼2015年のセミファイナリスト(31人/546人)一覧
http://tokyo-startup.jp/qualifiers
▼実際にこのコンテストを通じて起業した人のインタビュー(一部掲載)
http://tokyo-startup.jp/interviews
このような、思いっきりワクワクする「起業家の卵」の情熱とアイデアが、世界を変えていける力と計画に磨かれていくプロセス、そしてそのスタート地点をともに創り上げていきましょう!

期待する成果 実際に起業したい想いはあるものの一歩が踏み出せない。世の中にあるインキュベーションプログラムは、敷居が高い。そんな声をよく聞きます。本事業は行政である東京都との連携事業であるため、民間のアクセラレーターやベンチャーキャピタルが取り組むことが難しい「アイデア・情熱段階」の起業家の卵でも、確実に育まれる「土壌」を、多様な分野、世代、業界を超えた協力体制を築きながら作っていきたいと思っています。どれだけの起業家が生まれたかも重要ですが、同時に、どれだけの起業家が育まれる「土壌」を耕せたかも、本事業の重要な成果となります。
仕事内容

東京発の世界を変える多様なスタートアップ輩出を目指すコアメンバーを募集

2016年の4月の第三期募集に向けて、今まさに第三期の企画を実施しています。ぜひこの企画段階から、来年の運営までを担っていただけるコアメンバーを募集しています。新しい創業支援の在り方を実際にカタチにしていくというフェーズのため、実際の運営だけにとどまらず、具体的に知恵と工夫を搾り、より高いレベルで、「まったくのゼロからの創業支援」の企画・開発という役割も大きく期待しています。

<コンテスト型のブラッシュアップ・プロセスの企画運営>
スケジュールに合わせて、どのような起業家輩出カリキュラムにするか、どのようなメンタリングの場を作るかなど、講師・メンターとなってくれる起業家・アクセラレーターと協議を重ねながら、最適なカリキュラムを設計していきます。本事業が本当に起業家の卵から必要とされるサービス、仕組みとなるように、創業期にあったらよかった支援メニューを開発し、事業運営に反映させていきます。ステークホルダーとのミュニケーション、重点支援対象者を決める選考会の企画・運営、講座の運営、メンタリングの場の運営など、の起業家の卵と、応援してくれる起業家たちと日々、格闘しながら、真剣に、かつ楽しくプログラムを運営して頂きます。

<ビジネススクールの講師・メンターの開拓・協力要請>
情熱・アイデア段階の起業家の卵を応援するために、自分の経験やノウハウを還元してもいいという起業家の先輩を開拓して、実践的ビジネススクールの講師をお願いしたり、応募者のビジネスプランをブラッシュアップしてくれるメンターを開拓します。東京ALLでの支援体制を作っていきます。

<ファイナルイベントの企画・運営>
11月には、コンテストの最終選考で選ばれた10人がファイナルイベントという形で、300人の前で事業計画をプレゼンテーションをします。この場が単なる発表会ではなく、これから創業を目指すメンバーにとって、最初のファンの獲得や事業提携先、投資家候補、サービスをPRしてくれるメディア、経営メンバーとの出会いの場になるよう、たくさんの人たちを巻き込みながらイベントを企画・運営します。

<インキュベーションメニューの企画・運営>
ファイナリストの10人は、12月から来年の創業を目指して、「アクセラレーション部門」に進みます。VC・シードアクセラレーターとの個別メンタリング、合宿型のビジネススクール、ファイナリスト相互で事業の進捗をシェアし、フィードバックし合う相互メンタリングビジョン・事業戦略の深掘りをサポ―トするための仮想取締役会の開催など、10人それぞれが切磋琢磨しながら、確実に事業・サービスを力強くスタートできるようバックアップ体制を築いていきます。

得られる経験 ・まったくのゼロから1の起業を間近に支えることを通じて、事業が実際に立ち上がっていく際の「肌感覚」を得られる経験

・事業の全てを把握し、自分一人でメディア対応したり、メンター・講師とコミュニケーションしたりという自分が矢面にたつ経験。

・圧倒的に濃い「機会づくり」をする経験

・今まさに3期目の「絵・ビジョン」を形にしていくタイミングです。正解のない中で、走りながら考え、仮説・検証・修正を早いスピードでまわしていく経験が得られることと思います。

・全体を通して、起業を志す人にとっては、講師・メンターとなる30人を超える先輩起業家と接する経験、応募してくる実に多様な起業を目指す個人と交わる経験は、何ものにも替え難い創業準備・大切な繋がりを作る機会となります。
対象となる人  ・将来起業したい人、新規事業の立ち上げに携わりたい人
 ・起業を目指していて、その準備期間として、この立ち上げを経験したい方。
 ・ポジティブに前に力強く進む行動力のある方
 ・ビジネススクールの講座作り、戦略会議など「場」を作ることに興味・関心がある方
 ・新たな起業家の卵を発掘するマーケティングに強い関心のある人
 ・沢山の起業家との出会いからこれからのキャリアプランを真剣に考えたい人
 ・起業を志す方々(仲間)と共に、突き抜けて成長したい人。
事前課題 詳細は担当コーディネーターまでお尋ねください。
期間 原則、6ヵ月(応相談)以上、できればコンテスト部門が終了する11月末までできると最も楽しいと思いますが、状況によって柔軟に調整できます。
勤務条件 【勤務頻度】
応相談。週2日程度から可。
※勤務頻度は、場合によっては相談可能です。
勤務地 渋谷
活動支援金 あり

受入団体紹介

無限の可能性を持った若い世代に、挑戦と成長の機会を。

ETIC.は社会の様々なフィールドで新しい価値を創造する起業家型リーダーを育成し、社会のイノベーションに貢献する集団です。

93年に大学での勉強会としてスタートして以来、約20年。「何のために生き、働くのか」、「本当に大切なものは何なのか」若い世代を中心に、価値観が大きく揺さぶられ、変化が起き始めています。ただ、そのすそ野の広い、潜在的な意識の変化に対して、実際にアクションとなって社会に顕在化していることは、まだほんのごく一部でしかありません。私たちは、今ここで起業家精神をもって踏み出すことは、ゼロイチに留まらず、自他の思いに火をつけることで1が10になり、100になり、まさに燎原の火のように広がっていくインパクトへと繋がるのではないかと思っています。

またその創発が加速される仕組み、エコシステムをつくっていくことが、私たちの次のステージで果たさなければならない役割だとも考えています。そしてあらためて今、理想とする自らのあり方や社会のあり方を素直に体現し、次々と創り出していける、そんな可能性のある時代に、生まれ、生きていることのありがたさを強く感じています。

私たちは、このたび20年という節目を経て、志もあらたに、みなさまとともに責任ある当事者として、未来を創り出し、また次代へ受け継いでいくべく、努めてまいります。

NPO法人ETIC. 「TOKYO STARTUP GATEWAY」
■事業内容:
次世代の起業家型リーダーの育成とイノベーション創出を通して、変革と創造にあふれるコミュニティづくりに挑むNPO。
・アントレプレナー・インターンシップ・プログラム事業
・インキュベーション事業
・コミュニティ展開支援事業
・東日本大震災復興支援事業
■設立:1993年
■代表者:宮城 治男
■従業員数:50名(うち正社員34名)
■資本金:-
■売上高:689,713,400円(2012年度)
■HP:http://tokyo-startup.jp/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

まだ誰も経験したことのない、新しくて多様な未来を創る仕事。

私たちの仕事は、「未来のあたりまえ」、つまり「INNOVATION」が次々と生まれ育まれる環境や土壌をつくること。「未来を創る」ということを、今この瞬間に感触と実感を持って働ける奇跡的な環境がここにはあります。「まだ誰も経験したことのない、新しくて多様な未来を創る」ことにワクワクする全ての方へ。人生に勝負をかけ、今まさに未来を変えるべく挑戦をはじめる「イノベーターの卵」たちの命を預かるつもりで、本気と覚悟と圧倒的な起業家精神を持って、ともに挑み、ともに成長しあえる仲間と出会えることを楽しみにしています。

Leader /  石野 宏明
88年千葉県生まれ、学生時に若手起業家支援の「東海若手起業塾」や「Social Agenda Labo」の立ち上げ・運営などに携わり、’11年より株式会社リクルートに入社。住まい領域にて中小企業経営者の方々向けの販促支援や新規メディアの企画開発等に従事し3度のMVP及び通期準MVPを受賞。’14年にETIC.へ参画。東京都主催、当法人が企画運営を担うブラッシュアップ型のスタートアップコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY」リーダー。大事にしていることは「ワクワク感」です。

■スタッフ/インターンの一言

熱量の高い経験と出会いがあることを、お約束します。
インターン生(2014年度)/ 竹内しおり
TOKYO STARTUP GATEWAYは単に勝敗を競うビジネスコンテストではありません。過去のコンテスト参加者やスタッフ達が最も価値を感じているのは、賞金や特典などではなく、本プログラムに関わる「人」。起業という起伏の激しい道を進む起業家たちにとって、「共に切磋琢磨できる良きライバルであり良き同志」や「起業家たちを支える周辺のコミュニティ」は、その後の人生においてかけがえのない存在になります。TOKYO STARTUP GATEWAYには、そんな人達が集まっています。
 
そしてそのための「エコシステム」を作り、成長させていくことが運営事務局であるスタッフやインターン生の使命。大きなミッションの前でインターン中に壁にぶつかることもあるかもしれませんが、「起業家たちのためにどんな価値を提供できるか」を自らに問い続け、実行し続けることで自分なりの価値貢献ができると思います。
 
熱量の高い経験と出会いがあることを、お約束します。

100人以上の事業づくりを間近でサポートできる機会
インターン生(2015年度)/ 小原健斗
100人以上の起業家の卵の事業創りを、これほど近くでサポートできる機会は他にありません。主体的に取り組めば、裁量を持ってやらせてもらえる環境がGATEWAYにはあります。

「起業」と「起業家精神」を日々学び、実践しています。
インターン生(2015年度)/ 小谷中 一総
大学1年生の頃から好奇心旺盛で、様々なイベントに参加し、大学2年生の春に起業家の下で過ごした1週間が刺激となり、自身も起業に関心を持つようになりました。海外インターンシップを運営する学生団体AIESECや、「同世代」である学生全てを巻き込み、各人の限りない「才能」が輝く場所をイベントという形で提供するAGESTOCK実行員会での活動を経て、現在、TOKYO STARTUP GATEWAY(ETIC.)で修行をしています。今までの対学生という枠を超え、より多くの人に影響を与えられる人間になるべく、「起業」と「起業家精神」を日々学び実践しています。なお、お菓子とSNSをこよなく愛していいます!

ETIC.の担当スタッフから一言

本プログラムへの参加に関心がある方は、まずはインターンシップ活用セミナーにご参加ください。

(過去にインターンシップ活用セミナーに参加したことが
ある方は個別キャリアコーチングにご参加ください。)

参加者満足度98%の名物セミナー・インターンシップ活用セミナーの詳細はこちら(参加無料)